ページ

2013年6月2日日曜日

身延山 蓮

 蓮を育てさせていただいているところに、大銀杏の木です
芯の所は、40年前(定かではありません)に雷が落ちた跡が黒くなって残っています
でも、毎年、たくさんの銀杏がなります
子孫を残そうと頑張っています
力強い命を感じます
雨ががって、青空が広がりとっても爽やかな朝でした
空気が澄んで、木々達も、気持良く手足を伸ばして、呼吸しているようでした
浮葉がこんなに大きくなっていました
思わず、「どうしたの」と声をかけたくなるぐらい大きくなっていました
今年は、温度の上がり方が、緩やかな気がします
3月は、いきなり春が来たと思い、このまま暖かくなると思ったら4月は、低温で、草花がびっくりしていました
5月は寒暖の差が激しく、体が、びっくりして、思わず風邪をひかれた方も多かったのでは、私もしっかり引いて、なかなか体調の管理が難しい月でした
蓮達も今年は、ゆっくり植え替えをしたので、大丈夫そうですが、やはり、生育は遅い様な気がします
そんな事を考えながら行ったら、この大きな浮葉君に出会いました
蓮たちは頑張って、光を取り込もうとしているのですかね

0 件のコメント:

コメントを投稿