ページ

2012年10月14日日曜日

身延山蓮(みのぶさんはす)アメリカ旅行

お久しぶりです。留守の間心よく快く観察、ブログを変わっていただき、皆様本当にありがとうございました
実は、アメリカの姉夫婦とグランドキャニオンをまわってきました。ロスからレンタカ-で姉夫婦運転で私は後ろでひたすら、アメリカの大きさに感激しておりました
ラスベガスまでの道は本当に道以外は何もなくただ1マイルごとに電話が設置してあるだけでした。ラスベガスまでロスから6時間かかりました
ただ、まっすぐで、丘らしき所もただまっすぐにアップダウンしており、同じ景色がつずいておりました
これだけ空いた土地があり、まだまだ開発の余裕があると思うのは、日本人だけだそうです
花もなく、背の高い木もなく低い草か木かわからない植物が延延ととずいておりました
グランドキャニオンは1800億年前の大地だそうです
岩らしきものに触ってみると、ぼろぼろと砂に変わります
「ホースシュ-」では歩くところは、砂に足を取られ、とっても歩きにくかったです
 アンテロ-ブキャニオンのツア-に参加、アンテローブはインディアンの居住区にあるため、個人でははいれないそうです。ツア-に参加、ガイドの女性がカメラに詳しく、彼女曰く、どんなカメラでも使えるそうで、フラッシュは厳禁なので、私がもたもたしていたら、写真は彼女が皆とってくらました
アンテロ-ブは水と砂岩で美しい造形美が作られそこに光が加わり、息もつけないほどの美しさでした

モニメントバレ-の朝日です。この朝まで雲ひとつない青空でしたがアメリカに来て初めて雲を見ました
朝の光と雲の反射でとってもきれいでした
ここで初めて日本人観光客と会いました
又日本人のガイドの方にお会いして、色々写真の撮り方を教えてもらいました
以前は、日本人が多かったそうですが、今は中国の方が、とっても多いそうです。
経済力がよくわかります

0 件のコメント:

コメントを投稿