ページ

2012年10月28日日曜日

身延山蓮のチカラ 眠っちゃいました^^

身延蓮倶楽部『お』です。

いやぁ~~~

すっかり寝てしまいました^^
仕事終わって食事をしてまったりしようと思ったら
「け」ちゃんから☎がありまして(仕事です)

すっ飛んで伺いました^^
紹介して下さったお寺さんは先日の
NHKの放送をご覧になられたそうで
大層褒めてくださいました

私も「け」ちゃんも大変嬉しかったです^^

とてもいい取り組みだと仰ってくださいました
嬉しいがぎりです^^

その後ちょっとのつもりが寝ちゃいました^^

さて・・・
昨日はスタッフの親御さんとの二者面談
お母さんと朝の8時から5時までお話をさせて頂きました

人を育てるということがいかに難しいか
しかしこちらもビジネスひたすら教育を続けるわけには行きません

因みに大企業で新人教育にかかるお金は1500万だそうです

と言うことは新しい人を雇って教育するということは会社にとっては
甚だ迷惑な浪費であるということです

しかしその人が一人前になって会社に
貢献してくれる事を期待して教育する
ひたすら我慢です・・・

でも、ひとりひとりの資質の問題やら本人のやる気など
もちろん個人差はありますが

そこを、どう捉えるかで会社の負担は変わってきます

3か月の使用期間を終えさてどうしたものか・・・

採用すべきかはたまた・・・

しかし、相手は人なんです

先日から教育を私がやることにしたのですが・・・
と言うことは朝からずっと店に張り付いていなければならない
他のスタッフに任せるということは
その人の仕事に差し支えるし

新人類というかゆとり世代というか
とにかく親御さんと話し合った結果

後少しめんどうを見るということになったんです
しかし、こちらもボランティアをしているわけではない
当然期間限定と言いました

私の出した提案は家でとにかく
休みの日には家族の為に働くということ

本人の休みの日にはお母さんのお弁当を作り
毎日の自分のお弁当も作るというような
お手伝い的な提案だけど

結果は出ると思うのですが・・・

今まで沢山の数のアルバイトを雇ってきたのですが
その子の家庭環境は手に取るようにわかる
子は親の鏡とはよく言ったものです

家でお手伝いをさせている子は動きが違う

いかに家庭教育が大切か痛感している
そんな訳でお母さんの箸の持ち方まで矯正しました

お母さんも真剣に子供のためプライドを捨ててくれました
そんな親子にもう少し関わって見ようと決心したわけです
何処まで私が耐えられるか^^

でも、変えてあげたいという気持ちもあります
誰の子であれ関わった以上責任を持ちたい
でも会社としたら即戦力の人を雇いたい・・・
永遠の矛盾ですね

来年から新しい仕事が増える予定です
そうすると猶予は無い

まぁ、とにかく私が働くしか無いかぁ・・・

取り敢えず年内は頑張ってみます^^
ここで彼女の成長記を綴れるように
期待はせずにお楽しみに^^

0 件のコメント:

コメントを投稿