ページ

2012年9月21日金曜日

身延山蓮のチカラ 真打昇進 PartⅠ

身延蓮倶楽部『お』です。

朝晩はめっきり涼しくなり5時はまだ暗く確実に秋なんだと実感しますね。

しかし、私不覚にも風邪をひいてしまいました。

のどが痛いと思っていたのですが・・・
とうとう寝込んでしまいまだ本調子ではありませんが^^

風邪を引きながらも行って行きました志ん陽さん(朝太)の
真打昇進披露のパーティへ

もちろん初めてです。
ホントは頭痛いし体だるいし
行きたくないよ~~~と思っていましたが・・・

大人です、一回お約束したことは守らなければなりません!!
それにおめでたい席こんな事でケチはつけられません
てなわけで着物を着て行って来ました^^

でも、いって良かった!!
素晴らしい会でした!!

師匠の古今亭志ん橋さんも
素晴らしいかたでなんといっても腰が低い

志ん陽さんが私のことを紹介して下さったのですが
何回も頭を下げられご挨拶をして下さったのが印象的でした
まさに親といった感じですね^^
 また、皆さんお話が実に上手い!!文京区の区長さんを初め皆さん落語家?
と思ってしまうほどで、正直こういう時の祝辞は途中で飽きてしまうのですが
誰一人と飽きさせないもちろん噺家さんばっかりじゃありません。

その中で志ん陽さんがもう10年以上落語会を続けているところの
お寺さんのご住職のお話もとても良かったです。
まぁお坊さんは話はプロですから上手で当たり前ですかね^^

ここで余談ですが、落語の起源はお坊さんの説法とか
先日あるお坊さんがお説法の勉強の為?
時々落語を聞きに行くんだと仰っていました。

話って聞き手の為にあるのですから面白いということはやはり
大切だなと思いました。私も練習しようと密かに企んでおります^^

さて、 私のテーブルで志ん陽さんご夫妻と志ん橋師匠と我々^^
東京ドームホテルでしたがお料理も良くお酒も美味しくとても楽しい
会でした~~~

この続きはあすのブログにて・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿