ページ

2012年2月29日水曜日

ご挨拶

身延蓮倶楽部『お』です

昨日、日帰りで京都へ行って参りました。
長男が新しい修行先に行く前に今までの修行先である柏屋さん
そして、学園の先生で柏屋さんをお世話してくださった小林先生
で、新しい修行先の聚洸さんへのあいさつ回り。

当たり前といえば当たり前ですが・・・
29歳になる息子ですがやはり肝心なときは親が行かねば
特に京都は厳しい・・・

すべての京都の人がそういうわけじゃあないでしょうが
今度の修行先の聚洸さんは最初に行きたかった処・・・
しかしその時はまだ弟子を取る予定がなく
小林先生にご紹介して頂いた柏屋さん・・・

昨日のお話の中でもう少し若かったら
息子と新しいお店を出したかったと仰ってくださった
「もう75やから・・・」と
でもあと2.3年はがんばって辞めた後は道具はみんな息子に下さると
そして・・・絶版になっているお菓子の本をくださった

母としてと言うより人として感激した
息子は確実に自分の人間関係を築いていた
京都で・・・母のしらない所で
少し嬉しかった

小林先生のお宅に伺った時も
「もう修行はいいでしょう」
充分一人前だと柏屋さんも言ってたよと・・・

でも・・・

お菓子が造れる事と修行が終わることとはちょっと違う
今度の修行先の聚洸さんは

何かが違う・・・
出してくださったお菓子を一口頂いて何かわかった気がした
今までのお菓子とは何か違う・・・
なんだろう・・・

よくわからないが
絶妙なバランス
ちょっとうなってしまった
それにこれを息子が造れるのだろうか・・・

お話をしてて何か見えた
菓子に対しての気持ちが違う
熱いのだが熱苦しくない
重いのだがうざくない・・・

難しいが・・・
納得した気がした^^
何より柏屋さんも聚洸さんも人間として素晴らしく大きい
この方たちに預けて間違いない!!^^

聚洸さんが息子に仰ってくださった
今回は僕達がイケガミくんに来て欲しかったと
奥様と初めての弟子ということで相談した結果
息子を選んでくださった

僕達がイケガミくんに来て欲しいんですと
ありがたい話です・・・
聚洸さんは塩芳軒の次男さん
その後名古屋の芳光で修行

前の修行先の一幸庵と全く同じ
でも何か違う・・・
それは置いといて^^

昔NHKの朝の連ドラでやった「あすか」を覚えてるだろうか
竹内結子が主演のお菓子屋が舞台の 番組
その番組の監修をしたのが塩芳軒さん

聚洸のご主人はまだお若い
奥様もお若く今度家庭画報に出るらしい

「イケガミくんも頑張って取材されるようになったらええ」
この言葉を励みに頑張ってくれたらいい
そして私が聚洸の一番弟子と胸を張って言えるよう精進して欲しい

しかし過分な修行先かもしれない・・・
皆さんの名を汚さぬよう頑張って欲しい

それにしても皆さんにあんなに大切にされて本当にありがたい
聚洸のご主人が「イケガミくんの人徳です」と仰ってくださったが・・・
人徳のない母は単純に皆様が育ててくださったとつくづく思った

皆様本当にありがとうございます
これから3年滅私奉公をするよう言い聞かせたが
きっとそれすらも楽しんじゃうんだろうな~

送り出して下さる柏屋さんと迎えて下さる聚洸さんの
恩は決して忘れない様に!!
 
 私もがんばろうっと^^!!

0 件のコメント:

コメントを投稿