ページ

2012年2月12日日曜日

身延山  蓮(みのぶさん  はす)

立春が過ぎ、やっと、暖かさを感じられる陽気になりました
昨日で震災から11カ月がたちました
なかなか進まない復興に、思わず「政治家、高級給料取っているんだから、上げ足とっていないで、復興の話をしろ」と言いたくなるのは、私だけでしょうか
地元の方々の気持ちを考えると、やるせないですよ。
自然は、恐ろしくもあり、頼もしくもあります、あれだけの破壊をして、また同じように春がやってきます
私たちは、この自然の中で恵みをいただき、感謝しながら、畏怖の念を抱きつつ生きていかなければならないのでは
蓮もそろそろ、春を感じているのでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿