ページ

2011年7月28日木曜日

身延山はすの力 in宇都宮!!

身延蓮倶楽部『お』です。
7/26行って来ました!!宇都宮!!
身延山(みのぶさん)から宇都宮までの走行距離350㌔ 遠い!!

でも、師匠のはすをこの目で確認しなくちゃ^^
メールではほのめかしていたんですが・・・
前日の電話では木曜位までとか、いかん!!絶対いかねば!!
当日は東京へ行く日だったのでちょっとばかり足を伸ばすつもりで・・・

甘かった・・・
行けども行けども宇都宮は遥か彼方・・・
でも、3時間半位で行けましたが^^

埼玉のあたりで、印南さんに電話を入れて、「はすを見せていただいたらすぐ帰ります」 と
そんな、突然の訪問にもかかわらず、「お昼に餃子を食べよう」と言ってくださった。
宇都宮といえば?そうだ!!餃子だ!!心の中で小さなガッツポーズをしながら
取り敢えず「はすを見たら帰ります」とお伝えして宇都宮まですっ飛ばしました。

身延山(みのぶさん)から管理人(身延蓮倶楽部のブログの)と一緒に印南さん宅に到着。まずはすの多さにびっくり!!何はともあれ戦国蓮を(命名はまだ)


これです!!

460年ぶりに目覚めた はす!!

二日目のはすの様子




実は、一番最初の開花したハスなでしこジャパンの優勝と同時刻だとか^^

どちらも、偉業を成し遂げましたね。
このはすは二番目に開花したもの。

開花の吉報にどうしてもこの目で確認したくて^^伺った甲斐が有りました。

このはすにはどんな名前がつくのでしょうか?公募するのですかの問に、きっぱり「しないよ」

苦労もしていない人に名前なんかつけて欲しくないと。おっしゃる通りです。

何の苦労もせず名前をつけたところで
「仏造って魂入れず」 本当にそのとおり!!

魂の入った素敵な名前をつけてあげて下さい^^


舞妃蓮です。綺麗ですね。 私達の紅舞妃蓮と比較してみましょう。



「双頭蓮」これは、凄いですよね。印南さんみたいに何百鉢育てていても、一生に有るかどうか位珍しい現象らしいです。 この咲いたはすを見たかった。良いことずくめですね^^




はすの他の被写体が多すぎて・・・印南さんははすだけではなく河骨睡蓮も(アサザも)育てていらっしゃいます。水生植物にあふれたお宅でした。

 玄関脇に飾ってあった、茶碗蓮
これくらいのはすが店先に飾るのはちょうどいいかもしれませんね^^
来年度の、身延蓮倶楽部はすの栽培の中に茶碗蓮を入れたらどうでしょうか?
印南さんからもお勧めです。

これでもごく一部です^^
はすを訪ねては明日に(今日?)続く^^

身延蓮倶楽部『お』でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿